内容説明

その夏、俺たちは出会った。お互いに知っているのは名前だけ。管理栄養士として勤めていた小学校で食中毒事件を起こしてしまった水沢と、目の前で親友が滑落事故に遭い死んでしまった登山家の勅使河原。お互いの過去は一切話さず、詮索もせず、心の傷を癒すために共に暮らし、求めあう優しい時間が過ぎていく。そんなある日、勅使河原の知人がまた山に登らないかと訪ねてきて―――?

このページのトップへ