内容説明

幼い頃にヤクザの菅原に拾われ、命をとりとめた神崎。やがて菅原は組長の座を継ぎ、神崎も右腕として菅原を支えるようになる。しかし、組はすでに傾き始めており、前組長の尻拭いに明け暮れる日が続いた。そんななか、組を守るため、菅原が他の組のヤクザに抱かれている事を知る。全てに終止符を打つため、神崎はひとり暗躍しはじめ……。
冷徹な舎弟×飄々とした組長 歪んだ情愛の行く末は――。

このページのトップへ