内容説明

大食いで食べることが大好きな慶一朗は、外食産業大手企業の御曹司。後学のため自社経営のレストランで働いていたが、ある日、親とモメて実家を追い出されてしまう。住むところもなく、お腹をすかせて弱りきった慶一朗を助けてくれたのは、シェフ見習いの蒼木だった。年下のくせに生意気で、口を開けば毒を吐くイジワルな蒼木だが、料理の腕はピカイチ。美味しい料理につられて居候することになったが、3食宿代として求められたのは慶一朗の「カラダ」で――!?

このページのトップへ