内容説明

ゲイの翻訳家の元木は引きこもって数年、寂しさから生まれて初めて出会い系アプリを使い、サラリーマンの静賀を自宅に招いた。運命の出逢いを期待して顔も知らない男に犯されるいやらしい妄想をしながら、彼が来るのを待っていた。顔も良くて優しくてサクラかと疑うが、繰り返し身体を重ねて付きあうことに。静賀とのセックスに身体は慣らされるけれど、好きになればなるほど疑心暗鬼が止まらなくて――?

このページのトップへ