内容説明

「飛んで火に入るおバカさんやな。」
”柿商のモーゼ”の異名を持つヤンキー・猿渡シゲル。だがその実は、伝説のワルとあだ名される兄の威光を笠に着ているだけのただのぼんくら。舎弟の一人・蟹江タマキはそんなシゲルに密かに想いを寄せていた。卒業したら地元を出るというシゲルに、最後に一泡吹かせようと舎弟たちは「ハニートラップ作戦」を決行する。真っ暗な教室にシゲルを誘い出し、服を脱がせて写真を撮ろうとしたタマキは、シゲルが実はゲイであることを知って―――?

このページのトップへ